ドクターコラム

インプラント治療後の腫れはあるのか?

金沢,金沢市,インプラント,歯医者,歯科

 

 

 

インプラントを埋め込むための施術というのは歯茎や顎の骨を削ることになりますので、

手術の後に痛みや皮下出血、そして腫れを伴うことが少なくありません。

 

特に腫れに関しては症状が表れやすく、その見た目から術後に不安を抱えるかたも多くいます。

ほとんどの場合にはインプラント手術から時間経過と共に引いてくるもので心配はありませんが、

軽減させるための対処を行うことも可能です。

 

 

腫れの度合いは手術の範囲や大きさによって異なってきますが、

完治するまでには5日から10日程度を見てください。

 

多くの場合腫れてきてしまうと同時に痛みも伴いますが、

麻酔が抜けてくると当然違和感を伴ってくるものです。

 

手術後は処方された抗生剤や消炎剤などの内服薬をきちんと摂取して、

症状がよくなっても出された分は全て飲みきるようにしてください。

 

特に抗生剤に関しては、

しっかりと指示通りに摂取することで手術部位の抗菌効果を高める期待ができ、

炎症を抑えることができます。

 

また、インプラント手術をしたあとは安静にすることも大切です。

身体は元気でも、

無理をして抵抗力が落ちてしまうとますます腫れや痛みを引き起こしやすくなってしまいます。

 

一週間程度は激しい運動は避けること、飲酒や喫煙を控えること、

固さのある食べ物も歯に負担をかけますからやめておきましょう。

 

手術を行った医師にも指示を受けることになりますが、

術後の過ごしかた次第で予後に影響を与えることも少なくありません。

 

 

腫れが引かない場合には、ただちに医師に相談することも大切です。

 

痛みが強くなったり薬が効かない場合には何かしらの問題が発生していることが多いため、

早めの処置が必要になりますので注意しましょう。

ドクターコラム一覧を見る