ドクターコラム

インプラント治療後の注意について

金沢,金沢市,インプラント,歯医者,歯科

 

 

 

インプラントは、歯を失くした部分の骨の中に人工の歯根をはめ込む治療法で、

通常の歯科治療よりかなり大がかりなものです。

 

インプラントの治療後は、言ってみれば外科手術の後のようなものなのです。

治療後の2~3日は、例えばうがいをする場合も、そっと慎重に行う必要があります。

 

インプラント治療後にまず守るべきことは、

歯科医院で処方された薬を指示通りきちんと服用することです。

 

食事についていは、

数日間は噛まなくてもいい流動食(ヨーグルトやおかゆなど)を摂ることになります。

 

術後の経過をみて、徐々に普通の食事に戻していきますが、

辛い食べ物や硬い食べ物は、

傷口が開いて痛みがでたり、出血や腫れの原因となるので、当分は控える必要があります。

 

アルコールもご法度です。喫煙も控えましょう。

 

入浴も、術後の数日は湯船に入らず、シャワーだけで我慢しなければなりません。

体が温まることで血行がよくなり、傷口から出血するのを避けるためです。

 

同様に、激しい運動も血行をよくするので、避けなければいけません。

 

歯を磨く際は、ハミガキ粉は使わず、インプラント治療をした部位は触らないようにして、

残っている歯の所だけをブラッシングして磨きます。

 

その後は軽くゆすぎます。強い力でブクブクとゆすぐと、傷口が開く原因となるからです。

 

その他、インプラントを入れた部分が気になっても、指や舌で触ったりしすると、

炎症を起こす原因となるので控えましょう。

 

治療後数日は万事において慎重な生活が求められます。

ドクターコラム一覧を見る