ドクターコラム

喫煙はインプラントに影響はあるのか

金沢,金沢市,インプラント,歯医者,歯科

 

 

 

タバコを吸っている人で、

インプラントを考えている人が気になるのはタバコとインプラントの関係ではないでしょうか?

 

タバコが術後に良くないと言う話はよく聞きますので心配になりますよね。

 

 

ではタバコのどこが良くないのかというと、一番はニコチンの影響です。

ニコチンというのは良い面もたくさんあるのですが、体内に入ることで血管を縮小してしまうのです。

 

これが問題です。血管が縮小してしまうことで血液の流れが悪くなります。

そうすると術後の傷の回復が遅れてしまうのです。

回復が遅れればそれだけ細菌感染などのリスクが高まります。

 

 

同様に、術後の回復に必要な栄養素がうまく運ばれないので、こちらもいろいろなリスクを高めます。白血球の機能をタバコが低下させることも分かっていますので、術後はなるべくタバコは吸わないに越したことはありません。

 

もちろんタバコによる影響は永遠ではありません。数時間で元に戻ると言われています。

ですので一日数本ならインプラント後に吸っても問題無いとも言えます。

 

タバコを吸っている全ての人が何かしらの問題が出るわけでは無いですよね?

日ごろあまりたくさん吸わない人はとくに気を付けなくても大丈夫だと思います。

 

 

しかし、普段毎日一箱とか吸っていた人は、数本なら大丈夫という考えは捨てた方が良いです。

結局いつもどおり普通に吸ってしまうことになります。

 

その結果、四六時中血管は縮小したままになり、

機能が下がった白血球では細菌に対処出来なくなりますので失敗する可能性が高いです。

オールオン4のメリット

金沢,金沢市,インプラント,歯医者,歯科

 

 

 

インプラントは失ってしまった歯の治療に魅力が大きいですが、

失った歯の本数が多いと身体面や経済面の負担が大きくなるデメリットがあります。

 

歯を全て失ってしまった場合は通常のインプラントでは難しかったのですが、

オールオン4なら少ない本数で済むため身体面でも経済面でも、

負担が少ないと言うメリットがあります。

 

総入れ歯にすると歯茎との間に食べ物が挟まり痛い思いをする事がありますが、

オールオン4ならしっかりと固定されるため健康な歯の時のように食事を楽しむ事ができます。

 

通常のインプラントではあごの骨の量が少ないと、

骨移植をしないと治療ができない事がありました。

 

オールオン4ではあごの骨の量が多い部分を選んで4本埋め込みできるため、

骨移植をせずに治療が行える事が多いです。

 

総入れ歯では見た目ですぐに分かる事がありますが、

オールオン4は審美性に優れており見た目が自然となっています。

 

残っている殆どの歯で重度な虫歯や歯周病にかかり、

治療により残すのが難しいと言うような状況でも抜歯を行えば、

オールオン4による治療が受けられる事があります。

 

手術当日に仮歯を入れる事が可能、すぐに噛む力の回復ができると言うのも魅力の一つです。

 

歯科クリニックによってはフラップレス方式により、

歯茎を切開せずに上あごの治療ができるため手術後の腫れも痛みも少ないです。

 

今までは総入れ歯しかなかったような方でも、

オールオン4と言う選択肢が生まれたと言うのは大きなメリットです。

インプラント治療後の注意について

金沢,金沢市,インプラント,歯医者,歯科

 

 

 

インプラントは、歯を失くした部分の骨の中に人工の歯根をはめ込む治療法で、

通常の歯科治療よりかなり大がかりなものです。

 

インプラントの治療後は、言ってみれば外科手術の後のようなものなのです。

治療後の2~3日は、例えばうがいをする場合も、そっと慎重に行う必要があります。

 

インプラント治療後にまず守るべきことは、

歯科医院で処方された薬を指示通りきちんと服用することです。

 

食事についていは、

数日間は噛まなくてもいい流動食(ヨーグルトやおかゆなど)を摂ることになります。

 

術後の経過をみて、徐々に普通の食事に戻していきますが、

辛い食べ物や硬い食べ物は、

傷口が開いて痛みがでたり、出血や腫れの原因となるので、当分は控える必要があります。

 

アルコールもご法度です。喫煙も控えましょう。

 

入浴も、術後の数日は湯船に入らず、シャワーだけで我慢しなければなりません。

体が温まることで血行がよくなり、傷口から出血するのを避けるためです。

 

同様に、激しい運動も血行をよくするので、避けなければいけません。

 

歯を磨く際は、ハミガキ粉は使わず、インプラント治療をした部位は触らないようにして、

残っている歯の所だけをブラッシングして磨きます。

 

その後は軽くゆすぎます。強い力でブクブクとゆすぐと、傷口が開く原因となるからです。

 

その他、インプラントを入れた部分が気になっても、指や舌で触ったりしすると、

炎症を起こす原因となるので控えましょう。

 

治療後数日は万事において慎重な生活が求められます。

インプラント治療後の腫れはあるのか?

金沢,金沢市,インプラント,歯医者,歯科

 

 

 

インプラントを埋め込むための施術というのは歯茎や顎の骨を削ることになりますので、

手術の後に痛みや皮下出血、そして腫れを伴うことが少なくありません。

 

特に腫れに関しては症状が表れやすく、その見た目から術後に不安を抱えるかたも多くいます。

ほとんどの場合にはインプラント手術から時間経過と共に引いてくるもので心配はありませんが、

軽減させるための対処を行うことも可能です。

 

 

腫れの度合いは手術の範囲や大きさによって異なってきますが、

完治するまでには5日から10日程度を見てください。

 

多くの場合腫れてきてしまうと同時に痛みも伴いますが、

麻酔が抜けてくると当然違和感を伴ってくるものです。

 

手術後は処方された抗生剤や消炎剤などの内服薬をきちんと摂取して、

症状がよくなっても出された分は全て飲みきるようにしてください。

 

特に抗生剤に関しては、

しっかりと指示通りに摂取することで手術部位の抗菌効果を高める期待ができ、

炎症を抑えることができます。

 

また、インプラント手術をしたあとは安静にすることも大切です。

身体は元気でも、

無理をして抵抗力が落ちてしまうとますます腫れや痛みを引き起こしやすくなってしまいます。

 

一週間程度は激しい運動は避けること、飲酒や喫煙を控えること、

固さのある食べ物も歯に負担をかけますからやめておきましょう。

 

手術を行った医師にも指示を受けることになりますが、

術後の過ごしかた次第で予後に影響を与えることも少なくありません。

 

 

腫れが引かない場合には、ただちに医師に相談することも大切です。

 

痛みが強くなったり薬が効かない場合には何かしらの問題が発生していることが多いため、

早めの処置が必要になりますので注意しましょう。

インプラント治療の痛みについて

金沢,金沢市,インプラント,歯医者,歯科

 

 

 

インプラントという言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

歯をもう一度再生させたいという場合であったり、

入れ歯よりも手術で何とかしたいという方にはおすすめなこともあり、

今では芸能人の方たちもよくされていますよね。

 

 

インプラントって痛くはないの?という疑問も出てくるかもしれませんが、

もちろん全く痛みがないわけではないのです。

 

麻酔や痛みを和らげる処置もしてくれるので、

どうしても痛みを減らしたいという人であれば、

事前に担当医に相談してみるのも良いのではないでしょうか。

 

 

やはり、少しでも痛みを感じにくくしたいでしょうし、怖さもあるでしょう。

 

そのような場合には、静脈内鎮静法などの方法もあるので、詳しくはネットでも調べてみましょう。

手術の際は痛さをそれほど感じなくても、手術後に痛みを伴うこともあります。

 

 

そこはよく担当医と相談し、あなたに合った改善法を採用してみましょう。

 

インプラント治療は非常に人気のある治療方法ですが、全くリスクがないわけでもありません。

事前によく調べておき、ご自身の歯の状態や体の状態などもよく見ておくことが大事になります。

 

 

真っ白でキレイな歯は魅力的ですし、値段は高くても手術を希望する人々は少なくありません。

 

それだけ人工的に歯を再生させたいという人たちが多いのも事実なので、

興味のある方であれば、まずはネットで調べてください。

 

痛みやリスクもあるのですが、入れ歯よりも便利でおすすめですね。

 

...

ドクターコラム一覧を見る