インプラントとは

歯科インプラントの構造

歯科インプラントは3つの部品で構成されています。

インプラントの特長

インプラントとは、失った歯の部分にチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め入れて、歯本来の機能や見た目を取り戻す治療方法のことをいいます。失った歯の部分を治療しますので、周囲の歯に負担をかけることがありません。また、これまでにあった歯と同じような役割を果たしますので、噛む力を分散させ、残っている自分の歯を守ることにもなります。

インプラントとその他の治療の比較

入れ歯にしたとたんに食事がおいしく無くなってしまったり、自分が突然歳をとってしまったかのように感じられる方は多くいます。噛めないということは体に対する負担はもちろんですが、心への負担も大きいものです。

入れ歯を何でも咬めるように作るのは容易なことではありません。歯茎との間に物が挟まれば、痛くて硬い物など食べれませんし、お餅のような粘着質のものは食べ物にくっついてしまって外れてしまったりします。ここでは、入れ歯・ブリッジ・インプラントを比較しながら自分に合った治療法を探しましょう。

治療方法 図解 メリット デメリット
インプラント
(人工歯根)
  • 自分の歯に限りなく近く、
    自然に見える。
  • 周りの歯を一切削らなくてよい。
  • 自分の歯と同じような感覚で
    噛むことができ、食べ物の味や
    感触がよくわかる。
  • アゴの骨がやせるのを
    防いでくれる。
  • 外科処置が必要となる。
  • 全身疾患がある場合には
    治療ができない場合がある。
  • 治療期間が長くなることが
    多い。
入れ歯
  • 費用が安く、
    簡単に治療ができる。
  • 健全な歯をほとんど
    削らずにすむ。
  • 固い食べ物が噛めない。
  • 金属のバネが見えて、
    見た目がよくない。
  • 取り外しがわずらわしい。
  • 異物感があり、話しづらい。
ブリッジ
  • 費用をかければ見た目の
    仕上がりがよい。
  • 固定式のため、装着しても
    違和感があまりない。
  • ブリッジを固定するために、
    健康な歯を削る必要がある。
  • 発音に問題がでる場合がある。
  • 食べ物が挟まりやすく
    手入れが大変なため、
    不衛生になりやすい。