他院でインプラント治療を断られた方へ

他院でインプラント治療を断られた方は多くいらっしゃるはずです。「顎の骨が細い」「顎の骨の高さが足りない」など様々な要因で、インプラントの埋入を断られた経験はないでしょうか。その判断基準は処置を行う歯科医師のレベルによって異なってくるものなのです。

一口にインプラント手術といっても、患者様の状況によってその難易度は変わります。「インプラント手術を扱っている」といっても、状態の良い、簡単な手術しか受けない医院も少なくありません。例えば、「糖尿病などの疾患を患っている」「顎の骨の状態が悪い」などの理由でインプラント手術を断られる場合もあります。また喫煙はインプラント手術に悪い影響を及ぼします。当院では問診からCT撮影まで十分に診査・診断を行い、リスクの説明をさせて頂いたうえで、他院では断られてもインプラント手術を行うケースもございます。

もし、他院でインプラントを断られ、お困りの方はまずご相談ください。

下記のような方は是非当院へ

case1重度の歯周病や虫歯で歯がボロボロになった方

歯周病を放置した状態でインプラント治療をおこなうと、歯槽骨と人工歯根の結合が妨げられてしまいます。また、インプラントの治療後もアフターケアを怠ると、周囲に溜まったプラーク(歯垢)が原因によるインプラント周囲炎が起こり、症状が悪化すると埋入したインプラントが抜け落ちてしまう原因になります。

case2全身疾患を患っておられる方

インプラント治療は外科手術を必要とするので、糖尿病や高血圧など全身の慢性疾患がある方は注意が必要です。以前は難しいと言われていましたが、現在はコントロールされている状態なら可能となるケースもございます。かかりつけの医師に相談した上で、当院でのカウンセリングにて治療が可能か確認しましょう。

case3顎の骨の状態が悪い方、骨量が少ない方

インプラントは歯を失った部分に人工歯根を埋入するので、人工歯根を支えるための顎の骨が薄かったり骨量が足りない場合には治療が困難な場合があります。

そのような方でも、ご相談ください!

骨が薄い方でも最適な治療法でインプラントを

GBR法(骨再生誘導法)

GBR法(骨再生誘導療法)とは、歯周病等で骨が失われた部位に骨補填材を移植し、骨の再生を図る治療です。GBR法を行うことで、インプラントを行うための骨が不足していた人でも、骨の量を増やし、治療が可能になります。また、抜歯してすぐに行うインプラントにも、この治療法が応用されます。

ソケットリフト法

上顎の場合、骨が吸収してインプラント埋入のための骨の高さが足りない場合が多くみられます。ソケットリフト法は、インプラントを埋入する部分から上顎洞粘膜を押し上げ、押し上げた部分に骨補填材を填入します。

サイナスリフト法

上顎の歯槽骨の上には上顎洞(サイナス・副鼻腔)という大きな空洞があります。歯を失うと、この空洞が広がり、上顎にインプラントを埋め込むための骨の厚さ(高さ)が足りない場合があります。サイナスリフトとソケットリフトはどちらも上顎洞に骨を増やす手術ですが、ソケットリフトに比べサイナスリフトは手術の範囲が広くなりますが、再生する骨のボリュームは格段に大きくなります。